下半身のむくみを改善しバストアップ

むくみを改善しバストアップする方法は?

背が低くて、下半身が太い…

 

日本人女性に多い体型といえばそれまでですが、なぜそんなに下半身に肉がたまってしまうのでしょうか。

 

また、ダイエットをしても下半身の肉は体のほかの部分よりも取れにくいのはなぜなのでしょうか。

 

せっかくダイエットをして体重も体脂肪率も減ったのになぜか、下半身のぜい肉は太いままで逆にバストがサイズダウンしてしまったという話はよく聞きます。

 

なぜ下半身にばかり余計な肉がついてしまうのか、その理由をまず知ることが大切です。

 

下半身に肉が付きやすい人は、血行の流れが悪かったり体の老廃物を排出しづらかったりという体質が見られます。
まずは、その体質から改善する必要があるわけです。

 

下半身は、年齢とともに筋肉の疲労や衰えが進み血行が悪くなります。
若いころと同じ量の運動を行っていても基礎代謝能力が落ちているので同じだけの結果を期待することはできません。

 

しかし、年齢が上がるのと反比例して運動量を増やすということも難しいのでその結果、下半身の循環が悪くなり脂肪が固まって付いてしまう、下半身がむくんでしまう、ということになるのです。

 

女性は男性に比べてリンパ腺の流れが悪いうえ、パンプスやヒールをはくためさらにむくみやすい条件が下半身に集まるわけです。
また、冷えや疲れも血行不良を起こしむくみの原因となります。

 

むくみは、そのまま放置しておくと皮下脂肪を増やして脂肪として体に溜め込んでしまうことになります。
さらにこの脂肪は、セルライトとなって体に塊ついてしまい下半身太りの改善は困難になってしまいます。

 

なので、セルライトに進化してしまわないうちに手を打つ必要があるわけです。

 

女性は夕方になると、血流の流れの悪さからよくむくみが下半身に見られるということがあります。
しかし、これといって歩けなくなるとか痛みがひどくなるといった症状が出ない限りそのまま日常生活を過ごしてしまう人が大半です。

 

しかし、放置してしまうことでこのような恐ろしい結果を招くということをご存知でしたか?

 

下半身についてしまった脂肪を改善し、太ももやリンパ腺の血行を良くして老廃物が排出しやすく代謝を良くしむくみを改善するためにはマッサージが有効です。
マッサージすることにより、代謝を良くしてセルライトを改善することができます。

 

また、マッサージすることにより、ダイエットによるバストのサイズダウンも防ぐことができます。

 

リンパ腺の流れがよくなり、体内の循環が良くなればむくみも改善されます。
それと同時に、バストの周りの乳腺も影響を受けて代謝がよくなり血行促進とともに女性ホルモンの分泌が活性化されバストアップにつながるというわけです。

 

マッサージを続ければ、下半身太りが解消されてバストもふくよかになり憧れの女性らしい体格が手に入るというわけです。
しかも、基本的な体質も改善されていくのでむくみや体調不良を再発する恐れもありません。

 

大切なのは、マッサージの効果というものはすぐに出るわけではないので毎日きちんと続ける必要があります。

 

毎日きちんと続けることにより、むくみが改善され、徐々に体に変化を感じるようになります。
さらに、一日の中でたまった疲れやストレスを改善し体を癒してくれる効果もありますのでアロマオイルなどの工夫を凝らして行うのもよいでしょう。

 

気持ちを、プラス思考にして楽しめるようなオリジナリティあふれる工夫を凝らして、マッサージを楽しんで続けてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、やみくもにマッサージをしたところでバストアップには到底効果はありません。

 

実際に効果がある方法でバストアップを試していきましょう。

 

下記のページに体のむくみで悩むあなたにオススメの方法があります。

 

 

>>自宅でできるバストアップマッサージはコチラ