胸の形をきれいに治す方法

胸の形をきれいに治す方法

女性の九割以上は、バストに関する悩みを持っているといいます。

 

その中には、バストの形についての悩みもたくさんあります。

 

例えば

 

しぼんで垂れてしまっている。
左右対称の形をしていない、大きさが違う。
左右がやたら離れている。
上半分がやたらボリュームがない。

 

などがあります。

 

年齢など様々な理由が考えられますが、これらのバストの形に関する悩みを解決できる方法はあるのでしょうか?

 

 

もともと胸の大きさ、形には個人差があり、大きく分けて6のタイプに分類されています。

 

 

@ 半球型・・・一番美しいバストの形といわれていて、胸の高さと底辺がほぼ同じ長さになっています。
A お椀型・・・お椀を伏せたような形で、半球よりも高さがやや低い形です。鎖骨と乳房の間が空いていて日本人に多い形です。
B 皿型・・・バストのトップとアンダーの差が少なく、ふくらみが小さい形です。
C 三角型・・・側面から見ると三角に見えます。上部のふくらみがなく、バストカップの割に小さく見られがちです。
D 釣鐘型・・・アンダーバストとトップの差が大きく、一番垂れやすい形です。
E 円錘型・・・バストの底辺部分よりも、高さの長さが長くて上に突き出るような形をしています。ふくらみがあり、とても女性らしい形です。

 

 

大きく分けて、その6つに分類されています。

 

この中でも最も美しいといわれている半球型に近づくためには、まず今の自分のバストがどのタイプに属しているかを判断する必要があります。

 

それによって、タイプ別に対策も変わってくるというわけです。

 

お椀型、皿型のように、基本的にバストのボリュームにかけているタイプの場合には、まずバストのサイズアップから視野に入れなければいけません。

 

バストを大きくするために有効といわれている食べ物を摂取したり、女性ホルモンに働きかけるような栄養素を意識しながら、バストのもとになっている脂肪を美しく増やして整えていくことが大切です。

 

そのほかの、バストの大きさはあるけれども形が整っていないという悩みについては、その原因となっている理由を探すことが最善です。

 

例えば、「自分はお椀型のバストだけれども、バストの間が空いていて外に向かって開いてしまっている」という場合であれば、それに合わせたバストマッサージなどが有効です。

 

悩んでいる内容によりけりで効果的なマッサージ方法が違うようなので、形をよくするためにはきちんとした専門家が考え出した方法で、毎日バストケアのマッサージを行うことが有効です。

 

最近ではバストマッサージについても、簡単に取り組めるように開発されたDVDが出ているので、病院やカルチャー教室などに通うよりも手軽に誰にも内緒で、自宅で行うことができます。

 

女性としては切っても切れないバストに関する悩みですし、他人に相談もしづらいプライベートな悩みですが、

 

じつは簡単に取り組める手段があったということに気づいていただけたあとはバストの問題解決に向けてのステップアップも間近という安心感が生まれたと思いませんか?

 

そんなあなたのバストの形が整っていない原因とその原因ごとの対策を知るには下記のバストアップDVDがオススメです。

 

 

>>胸の形がきれいになるバストアップ方法はコチラ